営業日カレンダー

2017年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
 
【ダイヤモンドの4C】  
カットされたダイヤモンドの品質を評価する4つの視点です。  カラット(carat)、カラー(colour)、クラリティ(clarity)、カット(cut)の頭文字をとって4Cといいます。

・カラット 重量の事です。1カラットは0.200グラムになります。  カットする前のダイヤモンドの原石でさえ1カラット未満がほとんどですから、大きい事がそのまま評価となります。

・カラー  ダイヤモンドの色がどれだけ無色に近いかを示すものです。  基本的には無色透明に近いほど希少性が高くなります。基準となるマスターストーンと比較してDからZまで等級付けされています。  トップ3のD、E、Fグレードは無色で若干透明度に差がある程度の違いなので、事実上この3つのグレードを無色透明の希少なダイヤモンドとして扱います。  Z以下はファンシーカラーと称され、近年ではカラーダイヤモンドとして人気が出ています。

・クラリティ  石の中の包有物(インクルージョン)の量と表面の傷(ブレミッシュ)の有無による透明度の評価です。  10倍率拡大でインクルージョンやブレミッシュの大きさや数、特徴、存在感をチェックします。  包有物や傷が認められないFL(Flawless)から肉眼でも容易に確認できるI3(Imperfection3)まで11等級に分けられます。  SI2以上なら肉眼では気にならない程度のインクルージョンです。

・カット  ブリリアントカットされたダイヤモンドの総合的なプロポーションの評価です。  GIA(Gemological Institute of America 米国宝石学会)が定めた基準が一般的で、総合評価としてエクセレント、ベリーグッド、グッド、フェアー、プアーと等級があります。  基本的には評価が高い程、ブリリアントカットによる輝きの効果が高いという事になります。  ダイヤモンドの4Cは「石としての品質」を客観的に評価したもので、美しさの基準ではありません。4Cの評価が高くてもお気に召さないダイヤモンドもあるでしょう。  4Cは品質の目安として考えて、ご自身が心から美しいと思ったダイヤモンドを選ぶ事をお勧めします。


 
【色々な種類のダイヤモンド】  ダイヤモンドは一般的に無色透明を最上としており、品質基準である4Cの一つ、カラー評価もどれだけ無色透明に近いかでグレードがつけられます。  しかし近年では色があるダイヤモンドも人気が出てきました。カラー評価では最低グレードのZ以下ですが、ファンシーカラーと呼ばれ好んで身に着ける方も多くなっています。  また光や熱の加減で色が変わるカメレオン・ダイヤモンドもあります。 【ファンシーカラー・ダイヤモンド】  カラーグレードがZ以下で、しかも色合いが美しく希少価値が高いダイヤモンドをファンシーカラーと呼びます。大きく分けると黄色系とその他の色があります。  黄色や褐色はもともとダイヤモンドが帯びやすい色ですから、薄い色は数も多くあまり評価されません。カラーグレードがZに近いものほどはっきりした黄色になり、Z以下になるとファンシーイエローと称され人気が高まります。  その他の色はブルー、ピンク、パープル、レッド、オレンジ、グリーン、ブラウンなど様々です。ダイヤモンドに黄色以外の色がはっきり出る事は大変珍しく、それ故にファンシーカラーは希少価値があります。 【カメレオン・ダイヤモンド】  光や温度の影響で色が変わるものをカメレオン・ダイヤモンドと呼びます。  常温ではオリーブグリーンや緑がかったグレーなのですが、緩やかな温度の上昇や光を受ける事でオレンジイエローに変化します。それは暗い所に一晩置いた程度の環境の変化でもはっきり現れる性質で、非常に珍しいダイヤモンドです。  また光や紫外線を浴びた後、少しの間微かに発光し続ける「燐光」という性質を持っています。  このような特色を持ったダイヤモンドは、現在合成で作る事は出来ません。自然が生み出した神秘的なダイヤモンドです。  このように今では様々なダイヤモンドがあります。  ファンシーカラーを用いる事で、ダイヤモンドアクセサリーの色彩デザインも幅が広がりました。色が持つイメージを含めてダイヤモンドをお選びになるのも楽しいのではないでしょうか。





【ダイヤモンドの主な取引所】  ダイヤモンドの取引所は16ヶ国、26ヶ所ありますが、特に有名な地は古くから研磨地(カッティングセンター)としても栄えていました。特にインド、ベルギー、イスラエルは有名です。 ・ムンバイ(インド)  インドはダイヤモンドが発見された地であり、最古の研磨地でもあります。今でも世界のダイヤモンドの半分以上がインドで研磨されています。ムンバイはその中心地です。  昔は小粒で低品質のダイヤモンドが主力でしたが、今では最新の技術を取り入れ大粒も扱うようになりました。またジュエリーの製造にも力を注いでおり、バイヤーの注目を集めています。 ・アントワープ(ベルギー)  14世紀頃からダイヤモンドの研磨地として栄えてきた大変に歴史のある町です。  世界でもトップクラスの研磨技術を誇り、1カラット以上の大粒で質の良いダイヤモンドを扱っています。  今では技術者が世界各国に流れ、カッティングセンターとしてよりは研磨ダイヤモンドの集積及び取引所(トレーディングセンター)として有名です。品質の高さには定評があります。 ・イスラエル(ユダヤ人)  第二次世界大戦後、ユダヤ人によってダイヤモンド研磨業が発達しました。とても高い技術が評価されています。  ベルギーと同じく研磨技術者は徐々に世界各国に流れ、5カラット以上のダイヤモンドだけ国内で研磨しているようです。  今では主にダイヤモンドの原石を取り扱うトレーディングセンターとなっています。独自の原石専門取引所もあります。  ちなみにユダヤ人は第2次大戦後、移住した先にその高いダイヤモンド研磨技術を持ち込みました。アメリカもその一つで2カラット以上の高品質なダイヤモンドを扱っています。  ダイヤモンドの輝きは原石の質だけでなく研磨技術によるところも大きいですから、購入する際にどの土地で研磨されたか確認するのも目安の一つです。

 

ページトップへ

アクセサリー特集 (形状別)
ハートアクセサリー
馬蹄のアクセサリー
十字架 ネックレス

アクセサリー特集 (シーン別)
結婚式のアクセサリー
クリスマス アクセサリー

アクセサリー特集
ペアアクセサリー
ヘアーアクセサリー
パールアクセサリー

ピンクゴールド特集
ピンクゴールドネックレス
ピンクゴールド 指輪

ピンキーリング特集
ピンキーリング

結婚式 プチギフト特集
結婚式 プチギフト

  • SEOブログパーツ