営業日カレンダー

2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
【宝石類のお手入れ】  ジュエリーは美しいものですが、使用や保管によって汚れがついてしまいます。  輝きを保ちファッションを楽しむためにも定期的なお手入れをお勧めします。 ・基本的なお手入れ方法  ジュエリーは使用されている宝石や貴金属によってお手入れ方法が違ってきます。  最も基本的で共通して使えるお手入れ方法は、柔らかな布やセーム革を用いてから拭きすることです。  運んだり身に着けたりした後はほこりや汗、脂が付着してジュエリーから輝きを奪います。身に着けたらしまう前にひと拭きすることをお勧めします。  特に真珠は汗や脂が変色変質の原因になりますからから拭きは欠かせません。  宝石が使われているジュエリーは石留めに引っかからないように優しくゆっくり拭いて下さい。 ・ひどい汚れは洗浄  から拭きしても落ちないような汚れの場合は、中性洗剤をぬるま湯で薄め柔らかな絵筆などを用いて洗うといいでしょう。  洗浄後は真水でよくすすぎ、柔らかな布で水分を取ってから自然乾燥させて下さい。  今ではジュエリー専門の洗浄液も市販されています。ひどい汚れも一日洗浄液に漬け置いてから洗うと取れる事が多いです。  ただし宝石によっては洗浄する事で悪影響がでます。例えば真珠、オパール、トルコ石、マラカイト、珊瑚などは洗浄しない方がいいでしょう。特に真珠は絶対しないで下さい。  洗浄できる宝石かどうか、購入する時に確認する事をお勧めします。  また洗っている最中に宝石が脱落する事もありますから充分注意して下さい。  今では超音波洗浄器も手に入ります。手の届かない部分の汚れを落とすのに効果的ですが、振動の力が強く宝石の脱落や破損に繋がる事もありますのでお勧めはできません。  使用するなら説明書を熟読して下さい。  以上、簡単に出来るお手入れ方法をご紹介致しました。  しかしジュエリーに使われる宝石の種類によっては、ご自身でのお手入れが難しいときがあります。  一番安全で確実なお手入れは購入した宝石店で定期的にメンテナンスを受ける事です。  汚れの洗浄だけでなく石留めのチェックやサイズの見直しもする事で、最高のパフォーマンスを保てます。  美しいジュエリーを長く楽しむために6ヶ月ほどの間隔で定期点検をお勧めします。

ページトップへ

アクセサリー特集 (形状別)
ハートアクセサリー
馬蹄のアクセサリー
十字架 ネックレス

アクセサリー特集 (シーン別)
結婚式のアクセサリー
クリスマス アクセサリー

アクセサリー特集
ペアアクセサリー
ヘアーアクセサリー
パールアクセサリー

ピンクゴールド特集
ピンクゴールドネックレス
ピンクゴールド 指輪

ピンキーリング特集
ピンキーリング

結婚式 プチギフト特集
結婚式 プチギフト

  • SEOブログパーツ